このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45640
本文ファイル
別タイトル
COST AND BENEFIT OF PARTICIPATION IN VOLUNTEER ACTIVITIES: AN EXAMPLE OF A REAPING REEDS PROJECT TO CLEAN LAKE SANARU
著者
森 保文
前田 恭伸
淺野 敏久 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
井田 国宏
キーワード
retention
Web survey
economic model
theory of planned behavior
NDC
公害・環境工学
抄録
環境事業の推進のためにボランティアの重要性が高まっている.ボランティアの参加動機は, コスト・ベネフィットから解釈されることが多いが, 理論的予測は実証結果と一致してこなかった.本研究では, 参加を取り止める交通費などを質問することで, ボランティア活動参加時のコスト・ベネフィットの感覚を検証した.その結果, ボランティア参加のコスト・ベネフィットは, 参加開始時には有意であるが, その値は極めて安いこと, また活動継続には, コスト・ベネフィットは関係しないことを見出した.ボランティア募集には, ベネフィットを強調するよりも, アクセスを増やすなどの方策が有効と考えられた.
抄録(英)
There is growing importance of volunteer in order to improve environmental projects and activities. Although in many case motives of participation in volunteer activities are explained by cost and benefit including mental utility, theoretical predictions have not concurred with the empirical outcome. This study used question such as on transportation expenses which prevent the participation to estimate a sense of cost and benefit, and tested relations to the volunteer participation. Results indicated that the cost and benefit of volunteer participation was significant at beginning of participation and its price was quite cheep, but not significant for retention and continuance of the activity. Strategies such as increasing opportunities of participation were thought to be more effective than emphasizing the benefit for recruitment of volunteers.
内容記述
この研究の一部は,科学研究費補助金(19651015)により実施した.
掲載誌名
環境システム研究論文集
36巻
開始ページ
483
終了ページ
489
出版年月日
2008-10-01
出版者
土木学会
ISSN
1345-9597
1884-8125
出版者DOI
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 公益社団法人 土木学会
部局名
総合科学研究科