このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46325
本文ファイル
別タイトル
The Relationship between Types of Voluntary Activities in which People Participate and their Motives for Participation
著者
森 保文
森 賢三
犬塚 裕雅
前田 恭伸
淺野 敏久 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
杉浦 正吾
キーワード
職業
年齢
性別
子持ち
Dominant status model
活動継続
employment type
age
sex
having children
retention
NDC
社会
抄録
ボランティア参加を促進するために,ボランティアの参加動機に関する関心が高まっている.しかし実証研究においては,動機とボランティア参加の関係は明らかになっていない.本研究では,ボランティアを効果的に募集するため,ボランティア活動の種類による参加要因の差異について検討した.動機,性別などの社会背景及び経済的要因と参加したいボランティア活動の種類の関係を,WEB調査のデータを用いて解析した.その結果ボランティア活動ごとに関係する動機と社会背景が異なった.そのため応募者の持つボランティアに対する動機及び社会背景から,興味を持ちやすいボランティア活動の種類を選択することが可能と考えられた.
抄録(英)
In the search for ways to encourage more participation in voluntary activities, more attention is being given to what motivates people to participate. In empirical studies, however, the relationship between motives and participation in voluntary activity has not yet been made clear. To understand how to enable more effective recruitment of volunteers, the differences in participatory factors depending on the type of voluntary activity were studied. We used the data from a web survey to analyze the relationship between (1) motives, (2) social background factors such as gender, as well as (3) economic elements, and (4) the type of voluntary activities in which people seem to want to participate. Each voluntary activity was related to different motives and social backgrounds. Therefore it was thought that the types of voluntary activities in which a recruit would be interested could be selected according to their motives for participation and their social background elements.
掲載誌名
ノンプロフィット・レビュー
10巻
1号
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2010-06
出版者
日本NPO学会
ISSN
1346-4116
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) Japan NPO Research Association 2010
関連情報URL
部局名
総合科学研究科