HiR注目コンテンツ

第1回 Monographシリーズ

理学研究科 化学専攻 分子反応化学講座
山崎勝義 教授

概要

理学研究科化学専攻の山崎勝義教授が執筆された物理化学分野のMonographシリーズです。物理化学の学習過程において生じた疑問点を攻略するというスタンスで書かれたこのシリーズは、物理化学に興味のある多くの人にぜひお勧めしたい本です。

山崎先生からの紹介文

Monographシリーズの各書は,物理化学の基本事項を深く正しく理解することを目的として書かれた単行書です。基本事項の中には,初学者だけでなく研究者にさえ難解な原理や誤解しやすい法則がありますが,それらがなぜ難解なのか,どうして誤解しやすいのか,という原因を教科書から読み取ることは困難です。そもそも教科書は,「書かれていること=理解すべきこと」というスタンスで著されており,読者が感じる難解さを著者も感じたことがあるとか,読者と同じ誤解に著者自身も陥ったことがあるというような,読者と著者による「疑問の共有」が成立しにくい書物です。そこで,著者自身が抱いた疑問や誤解の経験を示すと同時に,解決目標を明確にしつつ,著者がどのような"武器"を用いてどのように疑問を"攻略"したのかを記した解説書があれば,理解への険しい障壁を低くすることができるのではないかと考えたことが,Monographシリーズの執筆に至った経緯です。Monographシリーズの主な対象読者は大学院学生ですが,学部学生でも最前線の研究者でも,筆者と疑問点を共有していただける方であれば全員が対象読者です。

最近,大学生向けの教科書が数多く出版され,理解を助けてくれる良書も増えていますが,それらの書籍は決して安価とはいえないのが実情です。基本事項を正しく理解するために高額の出費が必要となる現状を少しでも改善し,自然科学(特に物理化学)の原理や法則をきちんと理解したいという意欲ある方々に対して,微力ながら支援できるものを発信したいという意識で,これまでMonographシリーズの無料配布を続けてきました。

Monographシリーズによって物理化学の基礎事項の理解が少しでも進むことがあるならば,同シリーズの使命は達成したといえます。PCの世界においてフリーウェアやオープンソースという発想があるのと同様に,学術図書の世界においても,フリーの単行書が真の理解を支える時代が到来することを信じて,これからもMonographシリーズの執筆および無料配布を継続していく所存です。

(2006.9)

  

Monographシリーズ一覧