ID 31930
本文ファイル
著者
平岡 恭一
NDC
心理学
目次
第1章 オペラント選択行動研究の展望 / p1
 第1節 確率学習に関する研究 / p3
 第2節 マッチング法則に関する研究 / p4
 第3節 微視的最大化に関する研究 / p9
 第4節 巨視的最大化に関する研究 / p16
 第5節 系列的反応パタン形成に関する研究 / p22
 第6節 微視的分析の理論的検討 / p27
第2章 研究の目的と一般的方法 / p35
 第1節 研究の目的 / p35
 第2節 研究方法の一般的特徴 / p37
第3章 種々の強化スケジュールにおける微視的最大化過程の検討 / p40
 第1節 確率学習事態での検討(実験1) / p40
 第2節 並列スケジュールの特徴をもつ離散試行事態での検討(実験2) / p47
 第3節 系列反応パタンの形成と強化随伴性(実験3) / p59
第4章 微視的強化随伴性に関連する諸要因の効果 / p69
 第1節 絶対的強化確率水準の効果(実験4) / p69
 第2節 強化確率の微視的変動の効果(実験5) / p79
第5章 微視的過程と巨視的過程の関連 / p94
 第1節 確率学習事態での検討(実験6) / p95
 第2節 並列スケジュールの特徴をもつ離散試行事態での検討(実験7) / p100
第6章 総合的考察 / p107
 第1節 オペラント選択行動における微視的過程 / p107
 第2節 今後の研究課題 / p113
引用文献 / p120
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
学位記番号
乙第3114号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(心理学)
学位名の英名
Psychology
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1998-10-14
部局名
教育学研究科