ID 31917
本文ファイル
著者
塚本 真紀
NDC
心理学
目次
目次
第1章 身体症状自覚に関する研究の現状と本研究の目的 / p1
 1.身体症状自覚に関する研究の問題背景 / p1
 2.身体症状自覚過程の基本構造 / p2
 3.身体症状自覚の歪みがもたらす諸問題 / p4
 4.身体症状自覚の促進要因に関する先行研究 / p8
 5.介入要因としての適用可能性 / p14
 6.身体症状と嫌悪事態との関連性の形成・変容過程への行動論的アプローチ-身体症状と嫌悪事態との随伴性- / p17
 7.身体症状と嫌悪事態との随伴性が身体症状自覚に及ぼす影響-仮説モデルの提起- / p19
 8.本研究の目的と検討手順 / p21
 9.要約 / p22
第2章 現実場面における身体症状自覚の検討 / p24
 1.目的 / p24
 2.パフォーマンス場面における身体症状自覚の検討(調査1) / p24
 3.身体症状と嫌悪事態との随伴確率判断と身体症状自覚との関係(調査2) / p30
 4.要約 / p36
第3章 身体症状と嫌悪事態との随伴性形成が身体症状自覚に及ぼす影響 / p38
 1.目的 / p38
 2.教示による随伴性形成操作が身体症状自覚に及ぼす影響(実験1) / p39
 3.嫌悪事態の反復経験による随伴性形成操作が症状自覚に及ぼす影響(実験2) / p48
 4.総合考察 / p57
 5.要約 / p59
第4章 身体症状と嫌悪事態との随伴性消去による身体症状過剰自覚修正の試み(実験3) / p61
 1.目的 / p61
 2.検討の概要と作業仮説 / p61
 3.方法 / p63
 4.結果 / p67
 5.考察 / p74
 6.要約 / p76
第5章 総合考察 / p77
 1.検討結果の総括 / p77
 2.身体症状と嫌悪事態との随伴性が身体症状自覚に及ぼす影響に関するモデルの構築 / p81
 3.モデルの臨床的応用性-身体症状の過剰自覚修正のための介入手続きについて / p83
 4.今後の課題と展望 / p85
 5.要約 / p88
本論文の要約 / p89
資料 / p93
引用文献 / p102
謝辞 / p110
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
学位記番号
甲第1870号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(学術)
学位名の英名
Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1998-03-25
部局名
生物圏科学研究科