ID 21020
本文ファイル
別タイトル
Mechanical Anastomosis Using An Absorbable Ring
著者
キーワード
Microvascular anastomosis
Ring anastomosis
Absorbable material
Biodegradation
Blood flow measurement
NDC
医学
抄録
生体内で分解・吸収するリングを開発し,このリングを用いて血管吻合を行い,開存率や血管の組織学的変化を調査した。リングの材料は乳酸とグリコール酸の共重合体(70:30)で,リングは外径3mm,厚さ1mmの円盤に直径1mmの穴を開けたもので,これに6本のステンレス製ピンが等距離に埋め込まれており,そのピンの問にピンが入り得る程度の穴が6個開いたものである。このリングを用いて,兎の大腿動脈27本を吻合し,電磁血流計で血流量を測定した。吻合した血管を術後1週,2週,6週,30週で再度露出し,開存状態を調べ血流量を測定したのち採取し,光顕と走査電癖で観察した。リングは6週から吸収され始め, 30週で完全に吸収されていた。血管は27例中24例開存していた(開存率89%)。血流量の時間的変化はなかった。術後2週で吻合部の血管壁は正常の約40%に菲薄化していたが,術後30週で正常の厚さに回復していた。術後30週で,内弾性板は一部再構築され,吻合部でのみ不連続となっていた。走査電顕所見では,術後30週で吻合部の内腔は平滑となり,内皮細胞で完全に被覆されていた。我々の開発した生体内で分解・吸収されるリングによる血管吻合は,従来の非吸収性リングによる血管吻合の欠点を補う極めて有用な方法と考えられた。
抄録(英)
Purpose: The purpose of this study was to analyze patency and determine histology of vessels anastomosed using an absorbable ring device. Materials and Methods: We used an L-lactic acid/glycolic acid (70/30 mole %) copolymer as the material for our absorbable ring device. The internal diameter of the rmg was 1.0 mm, and the ring had six stainless steel pins and six holes alternately placed. The device was used to perform an anastomosis in the femoral artery of 27 rabbits. Anastomosed vessels were assessed for patency using an electromagnetic flowmeter. Anastomosed vessels were harvested for mstologic evaluation by light and scanning electron microscopy at 1, 2, 6 and 30 weeks. Results: The rmg was completely absorbed at 30 weeks, with a patency rate of 89% (24/27). No statistically significant difference was recorded between preoperative and postoperative arterial volumetric flow. At 2 weeks, the thickness of the vessel wall inside the device was only about 400f normal, but the thickness had returned to normal by 30 weeks; the internal elastic lamina was not reconstituted. Scanning electron microscopy demonstrated no depression at the anastomotic site at 30 weeks. Conclusion: We have developed a new absorbable ring device to perform vascular anastomoses which may solve some problems associated with rigid rings.
内容記述
広島大学医学雑誌, 43(1), 65-75, 平7-2月(1995)
43巻
1号
開始ページ
65
終了ページ
75
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
学位記番号
甲第1354号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Medicine
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1995-03-24
部局名
医歯薬学総合研究科