ID 35931
本文ファイル
Thumnail k6319_4.pdf 108 KB
Thumnail k6319_1.pdf 107 KB
Thumnail k6319_2.pdf 216 KB
著者
塩見 浩介
NDC
経済
内容記述
内容の要約
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
塩見浩介(2012)「マツダのコモンアーキテクチャ構想の特徴-製造原価低減から試作費低減へ-」『広島大学マネジメント研究』13:47-56.
塩見浩介(2013a)「部品少数化手法導入を阻害する要因の分析」『日本経営診断学会論集』11:178-182.
塩見浩介(2013b)「自動車産業における部品種類数による研究開発効率評価の可能性-研究開発費用効果分析を支援する設計技術的数値-」『広島大学マネジメント研究』14:1-17.
塩見浩介(2014)「部品標準化運用によるコスト低減研究の方向性-制度論的パースペクティブによる検討-」『メルコ管理会計』6(Ⅰ/Ⅱ):25-35.
学位記番号
甲第6319号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(マネジメント)
学位名の英名
Philosophy
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2014-03-06
部局名
社会科学研究科