このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28121
本文ファイル
別タイトル
Attempts to create a cooperative institutional repository : HARP (Hiroshima Associated Repository Portal)
著者
森保 信吾
キーワード
地域リポジトリ
機関リポジトリ
共同リポジトリ
広島県大学図書館協議会
institutional repositories
regional repositories
Hiroshima Association of University Libraries
抄録
研究機関における機関リポジトリ構築はオープンアクセス普及のための重要な選択肢として認識され大規模大学を中心に普及しつつあるが,その構築には一定水準以上の技術と少なくない費用が必要となる。これは特に中・小規模機関で機関リポジトリを構築する際の障壁となっている。2006 年より実験を始め,2008 年4月に運用を開始した広島県大学共同リポジトリの立上げの経緯を報告することで,複数機関による共同でのリポジトリ構築という手法が中・小規模機関での機関リポジトリの立ち上げに有効であることを示す。
抄録(英)
Building an institutional repository is seen as an effective means for large-scale universities tospread open access, but it requires considerable cost and expertise. It is this cost and technical expertisethat has become barrier in constructing repositories, particularly for small and medium institutions. Byreporting on the details of the process of bringing up the Hiroshima Associated Repository Portal, one ofthe pioneer efforts of a shared repository in Japan, we believe we can show that the technique of sharinga repository among several institutions can be an effective means for small and medium sized institutionsto bring up an institutional repository.
掲載誌名
大学図書館研究
82号
開始ページ
33
終了ページ
39
出版年月日
2008-03-25
出版者
大学図書館研究編集委員会
作成年月日
2008-03-25
ISSN
0386-0507
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
部局名
図書館