このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35433
本文ファイル
著者
三宅 亜弥
NDC
図書館
抄録
広島大学では,我が国の学術機関としては初めて米国製 POD システム "Espresso Book MachineR"(EBM) を導入し,運用後 1 年が経過した。教科書・教材,学位論文,学会予稿集,研究・プロジェクト報告等の多様な学術 情報の電子ファイルから,必要な時に必要部数の冊子体を迅速に作成するのに活用しているが,今後,ライティング センターでの学修支援や,インターネット公表が義務化された博士論文の印刷体作成,研究大学強化促進事業での海 外出版等において活用する計画である。
掲載誌名
大学ICT推進協議会年次大会論文集
2013号
開始ページ
217
終了ページ
219
出版年月日
2013-12
出版者
大学ICT推進協議会
ISSN
2186-7127
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2013 大学ICT推進協議会
部局名
図書館