このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32291
本文ファイル
別タイトル
Report of the International Coalition of Library Consortia Boston Meeting
著者
藤田 儒聖
庄 ゆかり
井上 修
キーワード
図書館コンソーシアム
国際図書館コンソーシアム連合
ICOLC
電子情報資源
書誌データベース
機関リポジトリ
コレクション分析
電子ジャーナル
オープンアクセスジャーナル
資源共有
library consortia
International Coalition of Library Consortia
ICOLC
digital information resources
bibliographic databases
institutional repositories
collection analysis
e-journals
open access journals
shared resources
NDC
図書館
抄録
本会合への参加は,わが国の大学図書館界として,北米会合の第12回(ナッシュピル大会),14回(ラホーヤ大会), 15回(ニューオリンズ大会),欧州会合の第6回(バルセロナ大会)に続くものである。今回は,文献情報データベース,電子コンテンツの保存や管理,各館のコレクション分析,紙媒体資料の共同保存あるいは保存書庫問題,利用者の満足度調査の意義など,幅広いテーマが取り上げられ,また,電子ジャーナルを中核とする学術文献を取り巻く環境の変化,特にオープンアクセス化の動向などについての議論が行われた。ここに,その概略を報告する。
抄録(英)
Representatives from Japanese academic libraries have participated in the 12th (Nashville), 14th (La Joya), and 15th (New Orleans), and now the 16th (Boston) North American ICOLC meetings, as well as the 6th European Conference (Barcelona). This time debates focused on bibliographic information databases, preservation and management of digital contents, collection analysis of individual libraries, shared storage of print materials and issues relating to storage facilities, the significance of measuring library user needs and satisfaction. Participants also discussed how the movement towards open access affects the scholarly material environment, particularly that of e-journals. These issues are summarized in this report.
掲載誌名
大学図書館研究
75号
開始ページ
81
終了ページ
93
出版年月日
2005-12
出版者
学術文献普及会
ISSN
0386-0507
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2005 大学図書館研究編集委員会
部局名
図書館