このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47539
本文ファイル
著者
小田 幹子
山崎 智子 大学院医歯薬保健学研究科(保) 広大研究者総覧
川崎 裕美 大学院医歯薬保健学研究科(保) 広大研究者総覧
抄録
1950年代より議論されている教員養成課程における学校保健の必修化は2018年度において実現されていない。そこで,筆者らは実習に訪れた学生の学校保健活動への意識を向上させることを目的に「学校における事故発生時の対応」の講話を行い,講話の影響についての分析を行った。その結果,講話前においては実習前に学校保健に関する講義を受講していた実習生と受講していなかった実習生との間に,学校保健活動に取り組む意識に差がみられたものの,講話後は両群の実習生の学校保健活動に取り組む意識が向上していた。また,「保健組織活動」については講話前において両群の実習生とも他の学校保健活動と比較し最も意識が低かったが,講話後は最も意識がプラスに変化していた。そのため,学校保健の必修化がなされていない現在,教員の学校保健活動参加への意識を高めるためには,教員としての在り方を学ぶ実習校での学校保健に関する講話が有効であると示唆された。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
59巻
開始ページ
230
終了ページ
235
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
医歯薬保健学研究科
他の一覧