このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47538
本文ファイル
著者
抄録
体力科学に焦点を当てた実験授業を行った後,長期休業中の運動の実施状況を調査した。長期休業期間中を通して,3/4の生徒が1週あたりの運動実施回数が4回以上であった。運動実施時間は,冬期に30分以上60分未満の生徒が最も多く,冬期に運動時間が増えた生徒は筋力トレーニングの種類が複数になっていたり,筋力トレーニングとウォーキングなど持久的な運動を組み合わせていたりした。一日の中で運動をする時間やタイミングを決め,楽しんでできる運動を計画し,適切な負荷強度や頻度で継続して運動し,効果を実感することができた。グループの仲間と考えながら実験授業を行ったことで,日常生活で運動することへの意識付けと行動変容がうかがえ,毎日の運動が習慣化した生徒が増えた。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
59巻
開始ページ
224
終了ページ
229
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧