このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47537
本文ファイル
著者
信原 智之
阿部 直紀
麻生 翔太
藤村 繰美
抄録
本研究では,戦術に沿ったプレーによる攻防を展開することを学習の中心とし,問題解決のサイクルを循環させることを目的とした授業を行った。成果として,多くの生徒がサッカーに対して積極的に参加するための好意的態度,理解度,技能の有能感が高まった。そしてそれらが,問題解決に向けた関わり,戦術の理解,オフ・ザ・ボールの動きの発揮という3つの要素を高めることに繋がった。加えて,ロジックツリーを用いた問題解決に向けた話し合いの時間を設けてチームの課題を明確化させ,チームの戦術を共有し理解を深めることが次時からのプレーの質を高めることに繋がった。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
59巻
開始ページ
212
終了ページ
223
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧