このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47288
本文ファイル
別タイトル
Introduction to Parasports in Elective Course
著者
重元 賢史
NDC
教育
抄録
本校では,これまで高校2年生次の授業カリキュラムの中で,約15時間~20時間で種目選択の授業を設定し,実施してきた。今年度は,2020東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え,男女共習で展開する「ニュースポーツ」・「パラスポーツ」の教材化を進めた。本稿は,生涯スポーツの観点からその歴史を学び,パラスポーツへの理解を深め,共生社会の実現に向けての人材育成を図ることを目的とした授業実践の報告をまとめたものである。
抄録(英)
In our school,as you will see in the following 2nd year high school student curriculum,we have set and carried out between 15 to 20 hours of practice in elective courses. This fiscal year,while looking forward to holding the 2020 Tokyo Olympic Games and the Paralympic Games,we promoted teaching materials in classes called “New Sports” and “Parasports” which were developed in co-education between boys and girls. This paper summarizes a report on our student’s educational practice which was to learn about the history of lifelog sports and deepen their understanding of parasports,with the end goal of realizing a symbiotic society.
掲載誌名
中等教育研究紀要
65号
開始ページ
69
終了ページ
74
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧