このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47287
本文ファイル
別タイトル
Development of Curriculum to Train Perspectives and Thinking abaut the Earth
著者
NDC
教育
抄録
地球システムは,地球で起こっている自然の事物・現象を総合的に捉える中核的な概念であり,未来を担う生徒にとって,地球環境の複雑な変化を捉え,持続可能な社会を形成するために習得すべき概念の一つだと考えられる。しかし,日本の理科教育において,地球システムの扱いは十分とは言えない。本稿は,地球システム的な見方・考え方を育成する観点から,高等学校地学基礎のカリキュラムを開発して提案するもので,平成30年告示の新学習指導要領の趣旨に応じたものでもある。本カリキュラムに基づく授業を行うことにより,地球システム的な見方・考え方の育成が可能であることを確認した。
抄録(英)
The Earth system is a core concept that comprehensively captures various natural phenomena occurring on Earth. Students who will be responsible for the future are required to capture the complex changes in the global environment and form a sustainable society that understands this concept. However, science education in Japan does not adequately deal with the Earth system; therefore, I developed a draft curriculum for studying the Earth system as a high school science subject. This curriculum conforms to the learning course objectives published in 2018. By implementing lessons based on this curriculum, students will be able to acquire a variety of perspectives and thinking about the Earth.
内容記述
本研究は,JSPS科研費18H00140の助成を受けて行ったものである。
掲載誌名
中等教育研究紀要
65号
開始ページ
53
終了ページ
67
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧