このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47286
本文ファイル
別タイトル
Proposal for a High School Statistics Curriculum: Discretionary Lesson Subjects in Statistics for Science
著者
NDC
教育
抄録
本稿は,スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の中心的プログラムである「課題研究」に役立つ統計的手法の技能の習得を目指した学校設定科目『AS統計科学』のカリキュラムを提案する。「課題研究」で必要とされる統計内容を検討し,コンピュータ等の情報機器を利用した指導を設定した。問題解決的な学習活動,先輩の行った研究論文の査読活動は,統計的手法の技能の習得に効果があること,統計的な考え方を理解するための方法論の確立が課題であることが示された。
抄録(英)
In this study, I propose a curriculum of discretionary lesson subjects, “Statistics for Science,” through which high school students can learn statistical methods for their Super Science High School projects. The following questions were explored. Which teaching materials are good for students? How are statistical methods learned in lessons? Students prefer problem-solving using information and communication technologies during the lecture. Research and expression are learned by reading previous papers. A teaching methodology should be established through practice to promote students’ statistical thinking.
掲載誌名
中等教育研究紀要
65号
開始ページ
43
終了ページ
51
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧