このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47284
本文ファイル
別タイトル
Overcoming conflicts II: A tentative new subject “Community Study”: Class on international laws with a special focus on intuition
著者
NDC
教育
抄録
「対立をこえる力」の育成をめざし,新科目「公共」を想定した授業実践を行った。学習指導要領の「公共の扉」で例示された功利主義と義務論に加えて「直観」を選択・判断の手掛かりとして意識させること,及び,孤立集団による熟議(enclave deliberation)とジグソーを組み合わせることによって対立をこえるために必要な議論の質を高めることが出来ることを明らかにした。
抄録(英)
Under the scenario of classes in a new subject tentatively called “community study”, a class was conducted, which aimed to develop the students’ ability to overcome conflicts. In addition to utilitarianism and deontology, which were shown as examples during the course of study, intuition was discussed as a criterion for judgement and the combination of “enclave deliberation” and “jigsaw” improved the quality of discussions.
掲載誌名
中等教育研究紀要
65号
開始ページ
21
終了ページ
36
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧