このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47282
本文ファイル
別タイトル
Version (4) of Reading: The site of discourse creation
著者
竹村 信治 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
本稿では,国語科の「読むこと」の授業過程を“パフォーマンス課題-評価”の教育評価過程と捉え,コンピテンシー育成に向けてパフォーマンスの「質」,ひいては認知プロセスの「質」を問う一般評価基準の観点を検討する考察の第4稿である。「読むこと」におけるパフォーマンスの「質」には,“読み”の型(=読み方)が深くかかわっている。ここでは,第1稿でモデル化した“読みのヴァージョン”の第Ⅲヴァージョンを踏まえて,テキスト形成の言語過程における言説創造の現場に接近する“読み”を取り上げ,これにそくした観点試案を提示した。
抄録(英)
This study continues our exploration of the learning processes for types of reading in Japanese classes by assessing performance using educational assessments. The perspective of the Public Assessment Standard was considered to measure the quality of the performance and the process of recognition in improving reading competency. The quality of performance in the reading class, i.e., through “a child’s thoughts and expression” is related to the model or style of reading deeply. In this study, which is based on the third version of reading as modelled into three types in our first study, we examine an approach to the site of discourse creation in the process of text formation. A tentative plan is proposed for improving the learning process of reading from an assessment perspective in accordance with this version of a reading hierarchy.
掲載誌名
中等教育研究紀要
65号
開始ページ
3
終了ページ
12
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧