このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45311
本文ファイル
別タイトル
子ども向け絵本シリーズの語彙使用レベルの研究
著者
Sponseller, Aaron C. 大学院教育学研究科
NDC
教育
抄録
2016年に始まった Family Reading プロジェクト(FRP)は,日本人小学生の親を対象に,英語絵本の読み聞かせを練習する機会を提供するものである(Ferguson, Sponseller, & Yamada, 2017)。FRP で用いる絵本は,内容が面白いだけでなく,プロジェクトに参加する親の語彙に合わせて選ばなければならないが,現在,子ども向けテクストの包括的なコーパスや,その難易度を測定する方法は確立されていない。本研究の主目的は,FRP に用いるテクストの一貫した分析方法の開発とその改良にある。FRP が将来にわたって継続されていくためには,語彙に基づいてFRP で用いる本を選ぶ必要がある。そこで,子ども向け絵本シリーズとして有名な The Berenstain Bears から55作品を選んで電子化し,小規模コーパスを作成した。本論文では,そこからシリーズ全体と個別の作品の語彙使用レベルに関して調査し,今後のFRP において使用可能なテクストの評価について示唆を述べる。
抄録(英)
The Family Reading Project (FRP), initiated in 2016, trains Japanese parents to read English language storybooks to their elementary schoolers (Ferguson, Sponseller, & Yamada, 2017). One challenge the FRP has faced is selecting storybooks that are not only interesting in terms of content but lexically within the reach of the participating parents. At present, no comprehensive corpus of children’s texts or principled manner for measuring the difficulty of a text for children exists. The primary aim of this research was to begin developing and refining a principled approach to analyzing candidate texts for inclusion in the FRP. A principled approach is needed if the FRP wishes to make lexically-informed book selections for future iterations of the program. Fifty-five titles from the popular children’s storybook series The Berenstain Bears were digitized in order to create a miniature corpus. The lexical profiles for the series overall as well as individual titles that were generated and investigated are discussed, and implications for evaluating potential texts for use in the FRP are briefly discussed.
掲載誌名
広島外国語教育研究
21号
開始ページ
215
終了ページ
228
出版年月日
2018-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧