このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47086
本文ファイル
別タイトル
アフリカ系アメリカ人歌手による大衆音楽に焦点を当てた英語講座のためのアクティビティおよび教材
著者
Howell, Peter 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
本記事は,アフリカ系アメリカ人シンガーを中心とした英語のスピーキングとリスニングのコースを作成するために選んだアクティビティやマテリアルの概要についてである。このフォーカスについての理論的根拠の簡潔な説明の後,筆者はコース内のそれぞれ11個のレッスンに共通するアクティビティについて記述する。いくつかの変種に加え,これらは筆者が以前「スリーブロックメソッド」として論述したものと同様のものである。そして,一覧表には,ジャズ,アコースティックブルース,エレクトリックブルース,ゴスペル,ソウル,クロスオーバーといった多岐に渡るジャンルから選択したマテリアルが用意されている。出演シンガーは,ビリー・ホリデイ,サラ・ヴォーン,エラ・フィッツジェラルド,レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス,サン・ハウス,ハウリン・ウルフ,ビー・ビー・キング,オニール・ツインズ,アル・グリーン,レイ・チャールズ,ジェームス・ブラウン,サム& デイヴ,オーティス・レディング,ザ・スプリームス,マーサ& ザ・ヴァンデラス,アイク& ティナ・ターナー,マイケル・ジャクソンである。最後に,参加者が回答したアンケートの陳述を用い,筆者の本コースへの教育学上の意見を記述する。
抄録(英)
This article gives an outline of activities and materials chosen to create an English listening and speaking course which features African American singers. After briefly offering a rationale for this focus, the author describes the activities common to each of 11 core lessons in the course. With some variations, these are similar to what the author has previously described as the ‘three-block method’. Then a listing is provided of materials selected from a range of musical genres: jazz, acoustic and electric blues, gospel, soul, and crossover. Artists featured include Billie Holiday, Sarah Vaughan, Ella Fitzgerald, The Rev. Gary Davis, Son House, Howlin’ Wolf, B.B. King, the O’Neal Twins, Al Green, Ray Charles, James Brown, Sam and Dave, Otis Redding, the Supremes, Martha and the Vandellas, Ike and Tina Turner, and Michael Jackson. At the end of the article, the author offers his own pedagogic reflections on the course with the aid of questionnaire statements written by participants.
掲載誌名
広島外国語教育研究
22号
開始ページ
101
終了ページ
119
出版年月日
2019-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧