このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28719
本文ファイル
別タイトル
Micro Material Deterioration Measures in Hiroshima University Library : Cause and Action <Short Report>
著者
赤迫 照子
キーワード
図書館
マイクロフィルム
資料保存
ビネガー・シンドローム
library
microfilm
preservation and conservation
vinegar syndrome
NDC
図書館
抄録
平成20年9月, 広島大学図書館マイクロ資料室所蔵マイクロ資料の保存状態調査を行ったところ, ビネガー・シンドロームの進行が判明した。その後, ADストリップを用いてフィルム単位の悉皆調査を実施し, 劣化レベルにしたがって処置を行った。また, 保存環境の整備にも取り組んだ。本稿は, 当館におけるマイクロ資料保存管理についての報告である。
抄録(英)
The progressing vinegar syndrome was found on the micro-material collection of Hiroshima University Library by the library's inspection in September, 2008. The whole micro-material collection was tested with A-D Strips in order to determine the deterioration rate of each material, and the appropriate treatment was applied to each material according to the test result. Simultaneously, the environment of the micro-material collection room was improved. This is the case report of Hiroshima University Library's action for preservation of micro-material collection.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
1号
開始ページ
39
終了ページ
44
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
図書館
他の一覧