このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47298
本文ファイル
別タイトル
Environmental condition and residents’ awareness of the Hannoogawa River, a concrete-lined stream in Higashi-Hiroshima City, Japan
著者
濱田 智恵
中坪 孝之 大学院生物圏科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
小河川
環境要因
自然再生
住民アンケート
水生動物
concrete-lined stream
environmental state
environmental improvement
awareness questionnaire survey
aquatic animals
NDC
公害・環境工学
抄録
半尾川(はんのをがわ)は,広島県東広島市中心部の西条地区を北から南に流れるコンクリート三面護岸化された小河川である。この川の環境に関する状況と将来の環境改善に向けた課題を明らかにするために,水質調査,水生生物調査,周辺住民の半尾川に対する認識についてのアンケート調査を実施した。水質調査の結果,BODは1.1~3.7 mg L-1の範囲にあり,やや汚染されていることが示唆された。しかし,トラップによる生物調査では全国水生生物調査で指定されている指標生物8種が確認され,この中には比較的きれいな水の指標生物も含まれていた。住民の意識調査の結果,最近10年以内に転入してきた住民は,それ以前から住んでいる住民にくらべ,半尾川の環境に関心が薄い傾向が認められた。今後,環境改善を進めていくためには,住民の関心を高めることが不可欠と考えられる。
抄録(英)
The Hannoogawa River in the western part of central Saijo town, Higashi-Hiroshima City, is a concrete-lined stream flowing north to south. To clarify its current environmental state and identify challenges for future environmental improvement, we surveyed the water quality, aquatic animals, and the local residents’ awareness of the stream. The biochemical oxygen demand of the stream water ranged between 1.1 and 3.7 mg L-1, indicating that the water was moderately polluted. However, several aquatic species that prefer oligotrophic water were recorded in a trap survey. An awareness questionnaire survey showed that newer residents who had moved to the area within the last 10 years tended to have little interest in the stream environment as compared with the responses of older residents. The results suggest a need for social outreach to increase residents’ awareness of the stream and thus fulfil the requirements for environmental improvements.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
10号
開始ページ
53
終了ページ
70
出版年月日
2018-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
平和センター
生物圏科学研究科
他の一覧