このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14660
本文ファイル
著者
Phengxay, Deevanhxay
長谷川 孝雄
岡田 光正
キーワード
ポリシリカ鉄凝集剤
PSI
凝集沈殿
濁度
藻類
損失水頭
凝集理論
凝集剤
沈殿
NDC
建設工学・土木工学
内容記述
本研究では水道用湖沼原水を対象にした一年間のパイロットプラントを用いた実証試験で、ポリシリカ鉄凝集剤(PSI)の凝集沈澱処理能力をポリ塩化アルミニウム(PAC)および塩化鉄と比較、評価した。PSIの濁度除去能は同じ鉄系凝集剤である塩化鉄と比べて水温の影響を受けにくく、水質変動に対してもPACと同様に安定した処理能力を示した。PSIの藻類除去能はPAC、塩化鉄より高いと考えられた。これはPSIが鉄系凝集剤であることに起因していることと、重合ケイ酸の効果により低水温期でも塩化鉄のように処理能力が悪化することが無かった為と考えられた。ろ過水の残留濁度および全藻類数はPSI、塩化鉄、PACの3つの凝集剤による違いはほとんどなかったが、PSIを使用した場合にはアンスラサイト層で特異的な損失の増加が起こり、PACや塩化鉄を使用した場合に比べてろ過塔の総損失水頭が高くなった。この損失の増加の原因としては、凝集沈殿処理水に残留したPSI由来の溶存の重合ケイ酸が、アンスラサイト表面に吸着して蓄積することにより、アンスラサイト層の空隙を閉塞することが考えられた。
The objective of this study is to evaluate polysilicate-iron (PSI) coagulant in comparison with polyaluminum chloride (PAC) and ferric chloride coagulants on turbidity and algae removal. The evaluation was carried out using a pilot scale plant for a lake water in a year. Turbidity removal by PSI was not affected by water temperature, whereas that by ferric chloride deteriorated in winter. PSI showed higher removal efficiency for algae than PAC in all seasons and ferric chloride in winter. This higher removal efficiency by PSI might be explained by the fact that PSI was a ferric coagulant and contained polysilicate. The water quality of filtrated water with rapid filtration, was almost the same. The total head loss of rapid filtration in PSI was developed quicker than that in PAC and ferric chloride due to high head loss in the anthracite layer. The adsorption and accumulation of dissolved polysilicate remaining from the water coagulated by PSI onto the anthracite would cause the high head loss development.
掲載誌名
水道協会雑誌
73巻
11号
開始ページ
2
終了ページ
10
出版年月日
2004-11
出版者
日本水道協会
ISSN
0371-0785
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2004 日本水道協会
部局名
環境安全センター