このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30969
本文ファイル
別タイトル
Women facing Militarization and Bio-politics : A Lesson from the Pacific Region
著者
アレキサンダー ロニー
NDC
平和学
抄録(英)
This paper addresses the question of women's anti-war/peace movements from the perspective of bio-politics. Using the example of the Leitana Nehan Development Agency, a group established during the Bougainville Conflict in Papua New Guinea, the paper looks at the difficulty of social transformation in patriarchal and militarized post-colonial societies.
掲載誌名
広島平和科学
31巻
開始ページ
1
終了ページ
35
出版年月日
2009
出版者
広島大学平和科学研究センター
ISSN
0386-3565
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 Institute for Peace Science, Hiroshima University
部局名
平和科学研究センター
他の一覧