このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30949
本文ファイル
著者
Vitchenko, Nataliya N.
Turutina, Elena S.
NDC
平和学
抄録(英)
The present paper deals with two key issues of our world. It is devoted to the discussion of the place of ethical and gender aspects of war and peace in research and teaching agenda in the coming years. Authors pay special attention to the fact that the new framework, which is emerging as a result of innovative scholarly approach to the topic, is the reflection of the contemporary challenge to the very foundation and properties of the morals and gender relations.
内容記述
冊子版でのページ数はpp.137-149
掲載誌名
広島平和科学
29巻
開始ページ
135
終了ページ
147
出版年月日
2007
出版者
広島大学平和科学研究センター
ISSN
0386-3565
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 Institute for Peace Science, Hiroshima University
部局名
平和科学研究センター
他の一覧