このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35441
本文ファイル
別タイトル
A Study on the Relationship Between the Unprofessional Help-seeking Consciousness for University Students and Cultural Views of Self <Original Articles>
著者
井邑 智哉
芥川 亘
キーワード
援助要請
文化的自己観
精神的健康
Help-Seeking
Cultural Views of Self
Mental Health
NDC
心理学
抄録
本研究は,文化的自己観に注目し,大学生の友人に対する援助要請を促進させる要因を明らかにすることを目的とした。分析の結果,援助要請に対する肯定的態度と相互協調的自己観は有意な相関関係があることが認められた。また,援助要請意識のモデルを共分散構造分析によって検討したところ,文化的自己観から援助要請意識を経て精神的健康に至る有意なパスが認められた。大学生の友人に対する援助要請行動を促進させるためには,文化的自己観や精神的健康に注目した関わりが重要であると考えられた。
抄録(英)
The purpose of this study was to investigate the factor which promotes the unprofessional helpseeking consciousness for university students from viewpoint of cultural views of self. As a result, affirmative attitude to help-seeking and interdependent construal of self were significantly correlated. And, the process of unprofessional help-seeking consciousness model was examined an analysis of covariance structures and a significant pass from cultural views of self to mental health via helpseeking consciousness. It was thought that relation which observed cultural view of self and mental health was valuable in order to promote the unprofessional help-seeking.
掲載誌名
総合保健科学
30巻
開始ページ
15
終了ページ
19
出版年月日
2014-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2014 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧