このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34547
本文ファイル
別タイトル
University Students' Motivation for Being a Peer Supporter <Original Articles>
著者
藤原 美聡
兒玉 憲一
キーワード
ピア・サポート活動
参加動機
継続動機
peer support activity
motivation for participation
motivation for continuing
NDC
医学
抄録
援助のための訓練を受けた学生(peer supporter: PS)が,問題に直面した仲間を支援する活動をピア・サポート活動(peer support activity: PSA)という。研究1では,PS の参加及び継続動機,活動意欲を高める経験を明らかにするため,11大学12団体のPS204名に質問紙調査を実施した。その結果,活動を通した学びや出会いを期待して参加し,継続するPS が多いことが明らかとなった。また,各団体の主な活動が充実することやPS 同士がサポートし合えることがPS の活動意欲を高める可能性が示された。研究2では,PS の維持にともなう苦労や工夫を明らかにするため,7大学の教職員9名と学生代表者1名に半構造化面接を実施した。その結果,運営側は苦労を感じている部分に対して多くの工夫を行う傾向が示された。また,PS の維持のためには活動自体の存続のための取組みも重要であることが示唆された。
抄録(英)
Peer support activity (PSA) is the act of helping friends in need by student peer supporters (PSs) trained for providing assistance. In Study 1, a survey was performed on 204 PSs in 12 organizations in 11 universities to investigate their motivation for joining and continuing to be a PS, and their experience that elevates their drive to pursue these types of activities. Results indicated that many PSs joined PSA to meet friends and learn from their experience and are continuing to be a PS for the same reason. Furthermore, fulfilling main activity of the organization and having an environment with mutual support for PSs possibly elevated their drive to pursue these activities. In Study 2, a semi-structured interview of nine faculty members and one student representative in seven universities was conducted to investigate their difficulties and endeavors in maintaining PS. As a result, the organizing body tended to take more measures to improve the aspects that posed more problems. Further, it was suggested that taking measures for maintaining the organization was also critical for continued PS work.
掲載誌名
総合保健科学
29巻
開始ページ
25
終了ページ
34
出版年月日
2013-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2013 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧