このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34545
本文ファイル
別タイトル
On the evaluation of University students with depressive states at the beginning of campus life <Original Articles>
著者
矢式 寿子
小島 奈々恵
二本松 美里
松山 まり子
石原 令子
杉原 美由紀
古本 直子
玉田 美江
高橋 涼子
山手 紫緒
キーワード
うつ傾向
新入生
メンタルヘルス
depressive state
university students
campus mental health
NDC
医学
抄録
大学新入生は,環境が大きく変化する時期であり,新生活への不安や悩みを抱え,抑うつを呈する学生もみられ,うつ傾向の高さが指摘されている。大学メンタルヘルスにおいては,入学時からのメンタルヘルス対策が必要であり,本学では,新入生の入学時健康診断時に,自記式質問紙を用いた抑うつや希死念慮のスクリーニングを行い,呼び出し面接による重症度評価を行っている。今回,新入生のうつ傾向の実態について調査を行った。毎年,約2%の学生が入学時に抑うつや希死念慮などの徴候を示しており,呼び出し面接の実施数や割合は増加傾向にあった。面接時のメンタルヘルス評価では,比較的軽症の学生が多い傾向であったが,その後の学生生活の中で様々な問題や悩みを抱えて,保健管理センターに相談に訪れる事例も多くみられた。今後も啓発活動や早期の治療導入のために,新入生に対するメンタルヘルス指導のあり方を検討していくことが重要であると思われた。
抄録(英)
The depressive states of university students at the beginning of their campus life are important issue on campus mental health. We made the evaluation of university students with depressive states at the beginning of their campus life. About 2% students of all freshmen to our university are suffering from depressive states or suicidal ideas every year. Our study suggested that further efforts aim to proffer the information of mental health and to improve mental health services.
掲載誌名
総合保健科学
29巻
開始ページ
7
終了ページ
11
出版年月日
2013-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2013 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧