このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36845
本文ファイル
別タイトル
Transition of the psychosomatic symptoms in young patients with developmental disorder <Original Article>
著者
矢式 寿子
キーワード
発達障害
心身症
二次障害
developmental disorder
psychosomatic disease
comorbidity
NDC
医学
抄録
青年期に初めて精神科を受診する発達障害は多くが高機能であるが,二次障害(併存症)が問題となることが多い。早期に何らかの症状を呈していなかったであろうか。今回われわれは,メンタルヘルス問題をかかえて受診した,発達障害症例73例(男性47例,女性26例)について,過去の心身医学的症状の有無や変遷について調査した。過去の情報が入手できた42例では,59.5%が幼少期に心身症症状を呈していた。心身症症状は多くが青年期になると,抑うつ等の精神症状に変化していた。また,過去に治療を受けた症例の多くは,青年期の適応が良好であった。幼少期の心身症症状などのサインを発見し,早期に介入することで,青年期の二次障害を防ぐことができる可能性が示唆された。
抄録(英)
Most young patients with developmental disorders who consult psychiatrists for the first time during their adolescence may not have mental weakness, but there is high possibility that they may be suffering from comorbidities. We investigated the presence and transition of past psychosomatic symptoms of 73 patients (47 male and 26 female) with developmental disorders. Past information was available in 42 cases, and 59.5% of them had psychosomatic symptoms in their childhood. The symptoms changed for depressive symptoms in many cases. Many cases treated in the past showed good adaptation during their adolescence. Finding psychosomatic symptoms during childhood and intervening at an early time may prevent secondary psychiatric symptoms in their adolescence.
掲載誌名
総合保健科学
31巻
開始ページ
1
終了ページ
6
出版年月日
2015-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
医歯薬保健学研究科
保健管理センター
他の一覧