このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45749
本文ファイル
別タイトル
Legal Term Usage No.6: O-iu, To-iu, Fukumu, Nozoku, Kagiru
著者
平野 敏彦 大学院法務研究科
NDC
法律
抄録(英)
This article is one of series of the Study of Legal Term Usage in Japanese law. In the 6th Study I analyse five legal terms followings: (1) O-iu (mean), (2) To-iu (refer), (3) Fukumu (include), (4) Nozoku (exclude), (5) Kagiru (limit). Using these terms in the parenthesis als predicate, the legislator give the prescriptions to all the interpreters to difine the concepts respectively. I try to define each term from the new perspective.
In addion, I give the brief history of using the parenthesis in the statute law at the period of the codification in modern Japan.
掲載誌名
広島法科大学院論集
14号
開始ページ
21
終了ページ
66
出版年月日
2018-03-20
出版者
広島大学法学会
ISSN
1880-1897
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
許可なく複製・転載することを禁じる
部局名
法務研究科
他の一覧