このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 165
本文ファイル
別タイトル
The state of current use of Home Visiting Nurse Station for home medical care for child and support for child care education
著者
谷口 美紀
名越 静香
福原 里恵
中込 さと子
田辺 操子
野尻 昭代
キーワード
小児在宅医療
育児
訪問看護ステーション
連携・協働
home medical care for children
support for child care education
home visiting nursing station
corporation and collaboration
NDC
医学
抄録
本研究では,小児のための訪問看護ステーションの活用及び,訪問看護ステーションと他施設間の連携・協働に関する現状と課題を明らかにすることを目的とした.調査対象は訪問看護ステーションを利用している子どもの親7名であった.調査方法は半構成型の面接調査とし,結果は記述的に分析した.子どもの主病名は低出生体重児,先天性表皮水泡症,低酵素性虚血脳症,喉頭軟化症,全前脳泡症であり,年齢は3ヶ月以上8歳8ヶ月以下,訪問看護ステーション利用期間は1ヶ月以上2年8ヶ月以下であった.調査結果から次の課題が明らかとなった : 1)退院直後から適切な訪問看護を提供するため,退院前の病院での子どもの状態観察や家族との話し合い,家族への訪問,病棟スタッフとの情報交換を行う必要がある.; 2)訪問看護師は医療面だけではなく,育児支援・指導や両親・家族の援助など幅広い看護ケアを提供していくことが重要である.; 3)各施設間での連携・協働が十分に確立していない状況下で,家族は各職種に対する役割を判断・選択していた.今後各施設間における連携・協働体制を確立していくことが不可欠である.
抄録(英)
Purposes of this qualitative study were to clarify the state of current use of Home Visiting Nurse Station (HVNSt) for children and cooperation and collaboration between HVNSt and related institutions.Subject population was 7 who used HVNSt for children. Diagnosis of children were very low birth weight, congenital epidermolysis bullosa, hypoxic ischemic encephalopathy or laryngomalacia. Age of them was from 3 months to 8 years 8 months. Period of use HVNSt were from 1 month to 2 years 8 months.Result were as follows: 1) Visiting Nurse should communicate with family and medical staff in hospital to get much information and provide good home medical care after discharge; 2)It is important for parent, brother and sister; 3)When communication and collaboration were not established with related institutions, family decided the role of each profession; thus connection with Visiting Nurse Station and related institutions must be established.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
10巻
1号
開始ページ
10
終了ページ
18
出版年月日
2004-02
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科
他の一覧