このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 148
本文ファイル
別タイトル
Pain experienced by neonates on the NICUs: A survey of nurses' perception and actual nursing care
著者
井上 雅子
中西 睦子
キーワード
痛み
新生児
早期産児
NICU
アセスメント
介入
pain
neonate
preterm infant
assessment
intervention
NDC
医学
抄録
本研究の目的は、新生児看護に従事する看護婦の新生児の痛みに対する認識や看護実践状況を調査し,今後の課題を明らかにすることである.質問内容は,痛みに対する考え方,痛みを伴う処置,痛みのサイン,痛みへの介入とし,構成型質問紙を553人の新生児看護婦に配布し,260人から有効回答を得た(回収率47%).その結果,1)「新生児は日齢が少ないほうが痛みを感じない」との回答が約9割を占めた;2) ……新生児の痛みの看護を発展させ,新生児を痛みから解放するためには,次の3点が重要な課題と考えられた:1)痛みの観察指標,特に行動学的指標を開発する;2)痛みの緩和法を再評価し,効果的な介入を行なう;薬理学的介入の開発に看護者も取り組む.
抄録(英)
The purpose of this survey was to explore nurses' perception and practices with regard to assessment and management of pain in neonates. A survey questionnaire comprised of fixed-alternative items was developed. The questions asked were the following:1) beliefs regarding pain, 2) painful treatment, 3) clinical signs used to assess pain, and 4) interventions used for pain. A questionnaire was distributed to 553 neonatal nurses and 260 responses (47%) were analyzed.The results were as follows:1) 224 nurses (90%) believed that younger neonates will not respond more sensitively to painful stimuli than older.2) ……Nurses need appropriate methods for assessing pain of critically ill neonates. These infants often cannot demonstrate behavioral signs of pain, and physiologic signs are difficult to interpret because of immaturity of the autonomic nervous system. Comfort measures having been used by nurses may be ineffective for relieving severe pain. Guidelines of pain medication need also need to be developed for neonates.
掲載誌名
日本新生児看護学会誌
7巻
1号
開始ページ
15
終了ページ
23
出版年月日
2000-03
出版者
日本新生児看護学会
ISSN
1343-9111
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2000 日本新生児看護学会
部局名
保健学研究科
他の一覧