このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47872
本文ファイル
Thumnail k7848_1.pdf 82.4 KB
Thumnail k7848_2.pdf 507 KB
Thumnail k7848_3.pdf 259 KB
別タイトル
回復期での介入量は脳卒中患者のADL自立を予測できるか? : 後ろ向きコホート研究
著者
梅原 拓也
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
(c) 2018 National Stroke Association. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.
関連情報
Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, Vol. 27, No. 9 (September), 2018: pp 2436-2444
関連情報URL
学位記番号
甲第7848号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(保健学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Health Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2019-03-23
部局名
医歯薬保健学研究科