このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36847
本文ファイル
別タイトル
Evaluation of depression when entering a university <Original Article>
著者
杉原 美由紀
古本 直子
矢式 寿子
松山 まり子
石原 令子
玉田 美江
キーワード
大学生
抑うつ
新入生健診
university students
depression
freshmen health checkup
NDC
医学
抄録
近年,大学生のうつは増加傾向にあり,学校生活にも大きな影響を及ぼす。また,早期にうつ病を発症すると,その後も再発しやすく,慢性的な経過をたどる。そのために,大学メンタルヘルスの現場において,抑うつ症状の早期発見と早期治療は極めて重要である。そこで,本研究では,抑うつ症状の程度によって,BDI-IIの各項目得点に違いがあるかを検討した。その結果,自殺念慮,悲しみや喜びの消失,罪責感,活力喪失といった項目が高得点の場合には,総得点が有意に高くなることが明らかになった。また,これらの項目で高得点を示した新入生は,全体の約1%であった。今回の検討から,総得点だけでなく,自殺念慮や悲しみ,喜びの消失,罪責感,活力喪失などの項目にも注目して検討し,早期の支援につなげていく必要があると考えられた。
抄録(英)
In recent years, the number of university students with depression is increasing, and depressive symptoms have substantial impact on school life. Additionally, the early onset of depression is more likely to relapse and have a chronic course. Therefore, early detection and treatment of depressive symptoms are extremely important. We examined whether there were significant differences in item scores of BDI-II among the degrees of depressive symptoms. Results showed that the total score is significantly higher when the scores of suicidal thoughts, sadness, loss of pleasure, guilty feelings, and loss of energy are high. About one percent of the freshmen reported high scores in these items. Our study suggested importance of paying attention to the items such as suicidal thoughts, sadness, loss of pleasure, guilty feelings, and loss of energy.
掲載誌名
総合保健科学
31巻
開始ページ
13
終了ページ
17
出版年月日
2015-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2015 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
医歯薬保健学研究科
保健管理センター
他の一覧