このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23464
本文ファイル
Thumnail 33-1084.pdf 638 KB
別タイトル
Demersal Fishes in the Waters of Northern Coast of Fukui Pref. : II. Foot Habit on Saurida undosquamis, Upeneus bensasi and Three Heterosomes
著者
橋本 博明
福浦 吉行
郷 秋雄
NDC
水産業
抄録
1983年10月28、29日に福井県沿岸で採集された、マエソ、ヒメジ(共に幼魚)、ダルマガレイ(未成熟)、アラメガレイおよびササウシノシタ(共に成魚)の食性について調べた。幼魚であるマエソ、ヒメジはすでに種特有の胃の形状を呈していた。5種の体長に対する、胃内容物重量と、胃内容物重量指数の関係を明らかにした。5種の餌生物については、すべての種に摂食されていたエビ類をはじめ、4種に摂食されていた介形類、キクロプス類、カニ類、魚類など18種類が確認されたが、各種の主たる餌生物は、マエソが魚類とエビ類、ヒメジがキクロプス類とエビ類、アラメガレイがキクロプス類、ダルマガレイがエビ類とカニ類、そしてササウシノンタはヤドカリ類とキクロプス類であった。
抄録(英)
Food habit on Sauricla undosquais (young), Upenus bensasi (young), Turphops oligolepis (adult), Engyprosoporz grandisquama (immature) and Heteromycteris japonicus (adult) was examined, which were caught in the waters of the coast of Fukui Pref. on October 28th and 29th, 1983. Each sample of S, undosquairzis and U. bensasi had already had a form of stomach proper to it (Fig. 1). Relationships between body length and stomach contents weight were clarified and feeding indexes were calculated on each predator species (Fig. 2). The 18 items of preys were identified from stomachs of five species of predator examined. Shrimps were taken by all species, and ostracods, Cyclopoida, crabs and fishes were been feeding by four species (Table 1). Main preys of each predator species of examined fishes were summarized below: (a) fisher and shrimps by S. undosquarmis; (b) Cyclopoida and shrimps by U. berzsasi; (c) Cyclopoida by T. oligolepis; (d) shrimps and crabs by E. grarzdisquama; (e) Cyclopoida and pagurians by H. japonicus (Table 2). In the inter-specific relation of five predator fishes, the existence of the larger competition in connection with Cyclopoida and shrimps was estimated (Fig. 3).
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
24巻
1・2号
開始ページ
49
終了ページ
55
出版年月日
1985-11
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧