このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23461
本文ファイル
Thumnail 33-1081.pdf 647 KB
別タイトル
家禽精子の凍結障害に関する研究 : 鶏凍結精子に対する最適グリセリン濃度について
著者
Senba, Hiromi
Terada, Takato
Tsutsumi, Yoshio
NDC
畜産業
抄録
家禽精子の凍結障害に関する生理・形態学的一連の研究の一つとして、本実験では種々の濃度のグリセリンを含むブドウ糖溶液で凍結処理した鶏精子の運動性、首曲がり精子率および先体異常率を調べ、グリセリンの最適濃度を検討した。融解後の精子の運動性は10%グリセリン濃度区で最も高く、次いで7%区であったが、両区間には有意差は認められなかった。また0%区では運動精子は観察されなかった。融解後の首曲がり精子率は0および7%区で低い値を示し、7%以上の区では濃度の上昇に伴い高くなる傾向が認められた。先体異常率は7%区で最も低く、7%と15%区との間には有意差が認められた。これらのことより、高濃度のグリセリンは鶏精子に対して形態学的および生理学的に悪影響を及ぼすものと推定され、およそ7%のグリセリン濃度が鶏精子の凍結保存に対し最適であると考えられた。
抄録(英)
In the present study, morphological and physiological observations were conducted to examine the effects of glycerol concentration and to determine the optimum concentration for frozen-thawed fowl spermatozoa, especially focussed on the injuries of the acrosome and midpiece of spermatozoa. The highest motility was obtained at 10% glycerol, and the secondary was at 7%. The incidence of crooked-necked spermatozoa (CNS) and acrosomal deterioration in frozen-thawed semen samples were greater in higher glycerol concentrations. Both incidence of CNS and acrosomal deterioration in frozen-thawed semen diluted with the solution containing 7% glycerol were relatively low in all the concentrations of glycerol. These results may suggest that the morphological injuries increase with the increase of glycerol concentration, and that the optimum glycerol concentration for frozenthawed fowl spermatozoa is about 7%.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
24巻
1・2号
開始ページ
25
終了ページ
31
出版年月日
1985-11
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧