このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23456
本文ファイル
Thumnail 31-1139.pdf 3.32 MB
別タイトル
Development and Interregional Movement in the Broiler Industry, U.S.A. (2)
著者
斉藤 修
NDC
畜産業
抄録
ブロイラー産業をめぐる競争構造は、小売段階での競争構造に規定されて、市場価格は1950年代、60年代に著しく低下し、このことがマージンの圧縮をもたらしたので、コスト競争に移行した。また、他方でブロイラーの製品的特徴として需給の不均衡が市場価格の変動を大きくしリスクを増大させた。このことが、インテグレーションの契機となって、その主体は飼料会社からより消費者に接近し、しかも個別レベルであれ、需給を調整するための販売計画や製品計画を樹立しやすい流通構造上の位置にいる処理加工業者に移り、それとともに権限が集中してマーケティング活動がしやすくなった。そして、種鶏場、ふ卵場飼料工場を統合することによって、規模の経済性を追求してコスト節約をはかり、かつそれぞれのプラントを処理場を中心に立地配置をはかって、輸送コストや取引コストの節約を促進した。こうしてインテグレーションが完成すると、生産密度を高めて集荷・配給コストをいっそう節約するために集荷圏を縮小したり、また近接の生産者に対しては規模拡大をいっそう促進した。このような規模の経済性の追求とインテグレーションの完成による取引コストの節約、合理的な経営立地政策の展開、などによってコストの低下と価格変動によるリスクの緩和してきたインテグレー夕ーに対して、規模の経済性の追求を制約された独立的な小規模な処理加工業者、飼料会社はコスト競争に耐えきれずに存続しがたくなり、またインテグレーションを完成できなかった一部のミートパッカーや飼料会社も競争力を強化できないままやがて退出した。

南部の諸産地が参入し、産地規模を拡大することによって産地間の競争構造はしだいに変化し、さらに南部の諸産地では飼料価格、ヒナ価格が輸送体系の革新とふ卵業の発展によって低下したので、このコスト節約と所得水準の低位触こささえられて急速に成長した。それに対して、東部の先発産地のデルマーバや東北部の後発産地のメインでは、絶対的コストの不利性を力バーするために、生産者の規模拡大をはかり、かつ大型ブロイラーを出荷することによって競争力の拡大を志向した。しかし、南部の諸産地も同一行動をしだいにとるようになると、ニューヨーク、ボストン市場の価格水準の高さと、市場への接近性による輸送コストの低さが、デルマーバ、メインの有利性にしかならなくなった。しかし、先発産地のデルマーバでは生産蜜度が高く、このことが集荷・配給コストの節約に結果したけれども、他方では死亡率が依然として高いうえに、コンデムネーションが増大し、飼料要求率と処理コストの上昇のみならず、薬剤の多投をもたらしたので、全体的に生産コストがいっそう高くなって産地の競争力は弱くなった。南部の諸産地でも遠隔地市場への出荷が多く、しかも南部諸産地間の競争のために、農場価格が低くおさえられ、生産者の収益性は悪化したので、最大の産地であったジョージアでは10年間に30%の生産者が脱落して出荷量は減少に転じることになった。にもかかわらず、コーンベルトにより近く、生産コストが主力産地の中で最も低いアーカンソーでは、急速に出荷量が増大して生産圏は全州的に拡大された。

ブロイラー産業は処理場のいっそうの拡大によって寡占的な競争構造を形成してくるために、産地間競争とともに企業間競争が展開され、競争手段もコストだけではなく、広告費を多投しながら製品差別化の行動をとる企業も70年代にあらわれる。しかし、チェーンストアーとの価格交渉力の限界と競争企業が同一戦略を採用するために、この製品差別化の行動は中和され、飼料価格とオイルシックを契機とした輸送コストの上昇はコスト競争をいっそう激化させることになる。
抄録(英)
Development and interregional movement in the broiler industry, U.S.A. may be summarized as follows.

1] The live broiler consumed by the Jewish population was very complexity in marketing system, and the typical marketing: channel between the producer and the comsumer representing main flow of the commondity consists of five agencies-independent, that is, local buying station, shipper, wholseler of liye poultry, city processor and retailer. The typical marketing channel changed by a further shift to country processors.

2] The new york-dressed-poultry in Delmarva had an effect upon established trade areas and new marketing channels. In North Georgia, most processing plants sold ready-to-cook, whole ice-packed broiler and finally in packing cut-up chicken suitable for frying southern style. Though the new york-dressed method with only blood and feathers removed was a popular way of marketing before World War II, it was used in a very limited way and in some plants not under federal inspection, and the largest share of broiler output was processed as ready-to-cook birds.

3] The broiler industry in Delmarva made widespread use of marchant credit and available credit to producers for feed and chick purchase had been an important accelerating factor in the expansion of the industry. Aggressive salesmanship, especially, on the part of the feed dealer was a major factor in the early development of the broiler industry.

4] During the rapid expansion after 1945, feed firms were the major contractor and many of them moved from the extension of credit to contsact production. The more prominent types of grower-contract plans ware known as (1) open account (2) open acconnt-no loss (3) profit sharing (4) flat fee (5) point spread (6) feed conversion (7) combination plans. Under open account financing, the grower purchased feed, chicks and other suppliers from the feed dealer and did not pay for then until the broilers were sold. Contract plans used in Delmarva was the profit share contract and in South, there was a trend toward flat fee. In such plans, if the proceeds were less than the cost of thems furnished, the contactor absorbed the loss. The change from open account plan and profit sharing plan to flat fee plan or flat fee plus profit sharing plan has not been the same in all areas. But according to drop of market price,flat fee plan was thought to be the lack of incentive for the producer to do a good job, so that point spread plan and feed conversion plan was developed primarily to provide an incentive to producer for better management.

5] The spatial activities of broiler assembly, chick and feed distribution are an integral part of the typical broiler producing and marketing firm. If production density is increased, reduction assembly and distribution costs are obtained, and the cost-savings resulted from decreased in the average length of haul.

6] Maine and Delmarva broiler farms experienced a generally steady upward trend in income per farm over the 16 years as dis all farms and on the other hand, average income for Georgia broiler farms were stable. Grower payment per pound for broilers produced under contract have declined as refected in the price trend for broilers at the retailer level. In Maine, the decline has been by one-fifth in Delmarva and Georgia by one-third.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
23巻
1・2号
開始ページ
55
終了ページ
83
出版年月日
1984-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧