このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23455
本文ファイル
Thumnail 31-1138.pdf 3.65 MB
別タイトル
Development and Interregional Movement in the Broiler Industry, U.S.A. (1)
著者
斉藤 修
NDC
畜産業
抄録
特異的な需要構造のもとにあったブロイラー産業は、東部の大消費地に近接したデルマーバ地域で成立し、処理場の設置とともに生鳥からと体へ製品形態を転換した。それによって、集荷業者-生鳥卸売業者-処理加工業者-小売業者という伝統的な生鳥の流通経路は、産地処理加工業者-と体卸売業者-小売業者というと体の流通経路との競争で駆逐され、と体の流通経路では産地処理場の大規模化によって処理場の立地は都市や都市近郊から労賃水準の低い産地に移動した。このような流通構造の変化は、輸送中の重量の目減りの問題の解決と輸送コストの合理化をともなったために、遠隔産地の参入と規模拡大を促進した。参入した産地は、多く南部の山地に位置して、土地の条件が悪く作目選択の幅も小さかったうえに、所得水準が低かった地域であったために、ブロイラー生産に参加する生産者は小規模であったものの、極めて数が多く、産地規模は短期間のうちに拡大した。このような拡大は、生産技術の平準化と各種業者の信用貸しによって促進され、契約生産への移行はメイン、メリーランドに代表されるようにブルーカラー労働者の参入をも可能にした。

この契約生産は、資本制限のもとにあった南部に急速に拡大し、これまで生産者の自立性が強かったデルマーバ地域やメインにまで波及し、地域的に独自の展開をとげてきた契約方式がしだいに変化した。この契約方式の転換は、1950年代から開始される市場価格の低下を契機としており、契約者(ディーラー)へのリスクの負担が増大する契約方式が選択されてくるけれども、生産効率を増進させてコストをいっそう節約するために、インセンティブな契約方式としてポイントスプレッド方式が採用された。このような契約方式は生産コストを生産者の競争原理のなかで低下させることを意図したものであったが、生産者への支払い金頗の低下のために、他方では所得水準を維持すべく、規模拡大が促進された。

この規模拡大は1930年代では技術的な体系化がはかりにくく進展せず、コストの低下を制約したけれども、1940年代にはデルマーバ地域で規模の経済性の追求でコストが節約され、しかもブロイラーの市場価格は高位に推移したために、この地域では高収益経営が成立した。このような大規模経営の展開と、その集積は生産コストを低下させるとともに、飼料価格をも低下させてので、参入しつつあった南部との絶対的なコスト差は競争力を決定する大きな問題とはならなかった。そして、大消費地から遠隔地に立地する南部の諸産地では、製品形態をと体→中抜きに転換して中小都市での市場開発をはかると同時に、処理場の大規模化と低労賃による労働力の利用によっていっそうコストを節約した。このようにして、参入がおくれ生産者の経営規模が小さい南部諸産地では、参加する生産者数を増大させて産地規模の拡大をはかりつつ、消費者が購入しやすい製品形態での市場開発が課題であった。この市場開発には輸送コストの負担が大きいために、契約方式では早くから生産効率を増進しやすい方式がとり入れられ、また処理コストも節約するというように、南部諸産地では市場競争への参入のために、生産者よりも契約者(ディーラー)がコストの節約を意識した行動様式をとることになったといえよう。このような行動様式は、しだいに生産技術革新の経済効果がうすれ、市場価格の低下が著しくなるにつれて、産地間競争がコスト競争に移行すると、競争力の拡大に有効であった。
抄録(英)
The broiler industry in U.S.A. became more competitive because of the innovation in production process and the growth market, especially, after World War II. As the broiler production and other related phases that is mixed feed industry, chick hatchery, broiler processing plant and retail food store constitute the broiler industry, the competition around the broiler industry is complex in both horizontal and vertical marketing organization. In the competitive structure, as the product differentiation which come into effect to rnaintain the price level high is weak, various cost-reducing technologies were applied, and the development of contract farming and vertical integration promoted the adoption of these technologies.

After the national food chain sponsored loss-leader sales, the cost-reducing competition dominated all competition around the broiler industry. so that processing firm, feed mills and hatcheries declined in average unit cost by economies of scale, and many smaller and less efficiet firms were forced out. Advances in production technologies through genetic research and development improvment in poultry nutrition and improved management practices have enabled the broiler industry to produce a 3.5-pound broiler in 7 to 8 weeks instead of the 12 to 14 weeks with feed conversion of 2.1 pounds of feed per pound of live broiler compared to 4 ponds in 1940. The industry has been able to hold down or decrease many production and marketing costs because of economies of scale gained processing and other activities as well as improved efficiency in broiler production.

The emerging integrated structure of the broiler industry brought the exit of small independent firms because that first, narrowing profit margins put specialized hatcheries disadvantageous, independent feed dealers and local feed rnills next faced the price-cost squeeze, and finally, specialized independent processors faced the same problem. Feed was costly and feed dealer early found integration advantageous to extend credit by the competition within the feed mixing industry. As chain stores were developing such merchandising devices as loss-leader, the center of power of integration moved forward processors. For processing firm, direct contracting between the plant and the grower was the most profitable method of plant procurement because of the advantages of coordinating supply with processing. The typical integrated broiler firm has consisted of: (1) contract hatchery egg producers (2) a broiler chick hatchery (3) a feed mill which grinds and mixes feed ingradients and adds necessary medication and vitamins to the feed (4) contract broiler growers (5) company-owned or leased farm and (6) a processing plant including some sales and distribution function.

For interregional competition of the broiler producing areas, though the Delmarva broiler industry has long been a leader in the production and marketing in the eastern region of the nation, the Delmarva area produced more broilers than any state until 1954 when Georgia took the lead in production and since that time, Delmarva's share of the production dropped to less than 13 percent of the nine-area total and about 10 percent of national production.

Alabama, Arkansas, Georgia, Mississippi and North Carolina - the areas having the greatest absolute cost advantage over Delmarva - increased their cost advantage substantially in the Boston, New York, Philadelphia and Pittsburgh markets the major outlets for Delmarva broilers.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
23巻
1・2号
開始ページ
25
終了ページ
53
出版年月日
1984-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧