このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23463
本文ファイル
Thumnail 33-1083.pdf 516 KB
別タイトル
Demersal Fishes in the Waters of Northern Coast of Fukui Pref. : I. Composition of Fish Species, Length-Weight Relationship and Ovary Maturation on Some Fishes
著者
橋本 博明
福浦 吉行
郷 秋雄
NDC
水産業
抄録
1983年10月28、29日に福井県沿岸において魚類を採集し、得られた標本を調査して次の結果を得た。(1)採集できた魚類は16種166尾で、それらのうちのクロエリギンポが福井県沿岸で採集されたのは初めてであり、かつ本邦における最北の記録である。(2)比較的多数採集されたアラメガレイとササウシノシタの体長(Lmm)と体重(Wg)との関係はそれぞれ、W=1.96×10^-5 L^2.99、W=3.69×10^-5 L^2.74であった。(3)アラメガレイ、ダルマガレイおよびササウシノシタの卵巣について調査した結果、従来アラメガレイは福井県沿岸に近い若狭湾頭部では春に産卵することが明らかにされていたが、今回の調査で秋にも産卵することが確認された。他の2種は、生殖腺指数も小さく卵巣は未熟の状態であった。
抄録(英)
The survey on fish in the waters in the northern coast of Fukui Prefecture was carried out by the Toyoshio-maru, the training vessel of the Fuculty of Applied Biological Science, Hiroshima University, on October 28 th and 29 th in 1983. Examination of fish caught resulted in the following. A total of 166 fishes were identified to the 16 species. In these spesies, the discovery of Trichonotus filamentosus was the first record in the more northern coastal waters of Tottori Pref., in the Sea of Japan. Relationships between body length(L mm) and body weight(W g) for Tarpilops oligolepis and Heteromycleris japonicus, both oil which were caught comparatively in larger numbers tl.lan the others, were given as W=1.96 X 10^-5 L^2.99 and W=3.69 X 10^-5 L^2.74 severally. It has been reported that T. oligolepis spwans "in spring" in the waters around Fukui Pref. However, the specimens of this study revealed that this species spawns also "in autumn", because females of this species had ripe eggs with high values in gonad index. Both females of Engyprosopon grandisqttama and H. japonicus had immature gonads and low values in gonad index.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
24巻
1・2号
開始ページ
43
終了ページ
48
出版年月日
1985-11
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧