このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47021
本文ファイル
別タイトル
The Economic Development and Regional Difference of the Yangtze River Delta
著者
陳 雲
戸田 常一 大学院社会科学研究科
NDC
経済
抄録(英)
The aim of this paper is to make a quantitative analysis of the economic difference among cities within the Yangtze River Delta and its causes behind it. It shows that in the 90's the overall status of the Yangtze River Delta heightened as against the other areas of China, while its regional difference diminished. Moreover, the layer structure of the Yangtze River Delta economic sphere in the 90's is becoming clear. For the clarification of the future development scheme of the Yangtze River Delta, this paper analyzed the economic development in Japan after the war as a frame of reference. Through this comparative analysis between the Yangtze River Delta urban areas and the 47 prefectures of Japan, their similarities and differences are clarified and some suggestions are made for the policies.
内容記述
本論文は,平成12年度日本地域学会年次大会(東北学院大学で開催)においての報告内容をもとに作成したものである。
掲載誌名
地域学研究
31巻
3号
開始ページ
107
終了ページ
134
出版年月日
2001-12-31
出版者
日本地域学会
ISSN
0287-6256
1880-6465
NCID
出版者DOI
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2001 日本地域学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
関連情報URL
部局名
社会科学研究科