このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47400
本文ファイル
別タイトル
Planning the Life Unit Learning Practice which Students with Intellectual Disabilities Actively Participate: Crafting“ Go-Go Mazes” Activity
著者
石津 愛希
大坪 浩恵
平川 泰寛
キーワード
ペア活動
友だち相互の関わり
協力
a pair activity
mutual relationships with friends
cooperation
抄録
本稿では、生活単元学習「作って遊ぼう!段ボールランド」の単元での実践をまとめた。児童は、6月に行った宿泊学習や前単元である「お楽しみ会をしよう」等の活動から、段ボールで「55めいろ」の制作をすることを決定した。「55めいろ」の制作にあたって、足りなかった段ボールを本校の教職員に児童が依頼して集めたり、迷路の飾り付けの仕方を自分たちで考えたりした。最終的には、段ボールを提供してくれた先生を招待して遊んでもらい、「55めいろ」は大盛況で幕を閉じた。それらの活動を通して児童が、友だち同士の関わり合いを増やしながら共同性を身に付けていく様子についてまとめた。今後も、指導者以外との関わり方を更に磨き、自分の気持ちを伝えたり伝わったことを実感したりして、相互に協力し合う学級づくりを行う。
抄録(英)
The current study reports the practice at the unit of Life Unit Learning “Lets Craft and Play!: The Cardboard Land.” Students decided to craft “Go-Go Mazes” with cardboard based on their previous experiences of the accommodation learning and the unit named“ Let’s have a fun party.” In order to craft“ Go Go mazes,” they made up for the shortage of cardboard by asking their teachers to bring it to them and discussed how to design and decorate it. At the end of this unit, the students invited the teachers who gave them the cardboard to join“ Go Go Mazes,” and finalized this activity with a great success. Throughout this activity, children became acquiring cooperativeness with other students while increasing good mutual relationships with other friends. From now on, it will be necessary to lead the class that students and teachers cooperate each other by teaching the students how to establish good relationships with people other than their teachers and understand among them by realizing the feelings and thoughts they convey are transmitted appropriately.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
17号
開始ページ
29
終了ページ
37
出版年月日
2019-03-01
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧