このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47333
本文ファイル
著者
黄 正国 保健管理センター 広大研究者総覧
小澤 郁美
石田 貴洋
野口 由華
川﨑 のぞみ
阿部 祐也
石山 奈菜美
髙垣 耕企
キーワード
大学院生
ピアサポート
サポートグループ
graduate student
peer support
support group
抄録
大学院生は在学年数が短いため,入学初期に早く環境に適応することが重要となる。近年,大学院新入生に「他大学出身者」,「社会人」,「留学生」の割合が増え,大学の環境に適応するには課題が多い。本学では,ピアサポートルームの活動の一環として,大学院生の早期適応を支援するためのサポートグループ活動を実施した。本研究では,その実践活動の内容と効果について検討した。その結果,サポートグループに参加した大学院新入生は,緊張-不安,疲労,混乱,抑うつ-落ち込みなどのネガティブな感情(日本語版POMS 短縮版)が軽減された。また,他大学出身の新入生において,抑うつ-落ち込みの程度が低減するとともに,大学への所属感が高まったことが示唆された。
抄録(英)
Graduate school programs are short term, so it is important for first-year graduate students to adapt to the environment as soon as they begin their first semester. As part of peer support activities, we conducted support group activities to assist in early adaptation of new graduate students. In this paper, we examined the effect of the support group. We found that the first-year graduate students who joined the support group had reduced negative emotions (POMS shortened version) such as anxiety, fatigue, confusion, and depression. In addition, depression in students transferring from other universities was reduced and the sense of belonging to the university had increased.
掲載誌名
総合保健科学
35巻
開始ページ
15
終了ページ
21
出版年月日
2019-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 「総合保健科学」編集委員会
部局名
保健管理センター
教育学研究科
他の一覧