このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39567
本文ファイル
別タイトル
A way of improving Reading Skills : through Collaborative work
著者
鈴木 悦子
キーワード
協働的問題解決
推論発問
読解力
collaborative problem solving
reading skills
English lessons
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,英文読解において協働的問題解決学習を取り入れることで,内容理解を深めさせる授業を開発することである。授業実践では,物語文の行間を読む際に,推論発問の後で仲間の考えを聞くことで,問いを解決し,問いを新たに生むなど,理解を深める様子が見られた。また,時間いっぱい意見を交わすグループが増えた。さらに,翻訳する際に,心情を考えながら場面に適した言葉を使うようになった。
抄録(英)
The aim of this study was to develop effective English lessons through ‘collaborative problem solving.’ In reading activities, it is necessary for students to consider the background of the subject matter and their feelings about it. Through collaborative problem solving in groups, students are able to express their own points of view. Listening to the ideas of other students leads to obtaining a better understanding of the background of the subject matter and cultivating their feelings about it. These activities also help Japanese students develop richer expression in the Japanese language.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
47巻
開始ページ
77
終了ページ
81
出版年月日
2016-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧