このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37962
本文ファイル
別タイトル
Effect of Formulating Questions on Reading Comprehension in Junior High School Students
著者
キーワード
リーディング
発問
メタ言語能力
reading comprehension
metalinguistic ability
formulating questions
NDC
教育
抄録
日々の授業実践において課題だと感じていることは,生徒に何が重要かを認識できるカを身に付けさせることである。この課題を克服するために必要なことは,生徒がもつメタ言語能力を活性化することだと考えられる。メタ言語能力とは,自分の知識や技能を客体化して語ることのできる能力であり,英語学習にとってはきわめて重要なものだと言える。本稿では,中学校3年生に発問をつくらせることが彼らの読解力にどのような影響を及ぼすのかを調査し,彼らのメタ言語能力を活性化させようという試みを報告した。発問づくりの実践前と後で読解力テストの正答率が上がった生徒や発問づくりを通して英語の文構造への意識が高まり,状況を推測することの重要性を認識できた生徒は存在したが,それらがすべて発問づくりの効果であることを示すことはできなかった。
抄録(英)
One problem for junior high school students is the difficulty in identifying important content among the many matters learned during classes. Metacognitive or metalinguistic ability offers a means of dealing with this problem. Metalinguistic ability is the ability to be aware of one's own knowledge and skills, and is thought to be very important in learning foreign languages. In this study, we attempted to activate students' metalinguistic ability by getting them to formulate questions about a text they had just read. We concluded that some students were able to develop their reading comprehension ability in this way, but we were unable to determine a clear relationship between reading comprehension and formulating questions. However, many students enjoyed making questions and were able to develop their grammatical awareness and inferential ability in this way.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
46巻
開始ページ
87
終了ページ
94
出版年月日
2015-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧