このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35858
本文ファイル
別タイトル
Development of teaching materials and their application to establish a sustainable society in "manufacturing education" : Enabling students to assess and apply technology for society
著者
濱賀 哲洋
NDC
教育
抄録
2008年に公示された中学校学習指導要領には,持続可能な社会の構築のための観点が盛り込まれた。また,東日本大震災以来,持続可能な社会を実現するために,限りある資源やエネルギーの利用についてひとりひとりが考えていかなければならない状況となった。このような状況の中,将来を担う子どもたちには,生活や社会の中で利用されている技術を適切に評価し活用しようとする能力や態度が求められる。しかし,新学習指導要領から必修となった「プログラムによる計測・制御」に関する教材は,ライントレースや障害物を回避するためのロボットが多く,生活や社会との結びつきを意識したものは少ない。そこで,本研究では,「自動ドア」をモデルとした教材を開発し,計測・制御に関する技術の在り方や活用の仕方などに対して,客観的に判断・評価し,主体的に活用できる生徒の育成を目指した授業計画を作成し,実践と考察を行った。
抄録(英)
The goal of the establishment of a sustainable society is included in the junior high school Course of Study that was promulgated in 2008. Since the earthquake in eastern Japan, we must examine the limited resources and energy to support the establishment of a sustainable society. In this situation, children responsible for the future must assess and apply technology for society. However, teaching materials about "measurement and control of the program" became compulsory in the new Course of Study, especially those dealing with robots for avoiding obstacles and tracing lines in many cases, whereas fewer materials addressed deal with society. Therefore, we developed teaching materials modeled after "The automatic door;" we created a lesson plan that trains students who can take initiative, judge and assess objectively a material's method of use, and understand technology measurement and control, and we conducted a practice and discussion.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
42号
開始ページ
191
終了ページ
199
出版年月日
2014-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧