このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34648
本文ファイル
別タイトル
Development of clothing education on the power of japanese textile and kimono by the learning of fashion in japonisme
著者
佐藤 敦子
NDC
教育
抄録
家庭科の新学習指導要領において重視されている,「日本の伝統と文化の尊重」を高等学校の「家庭基礎」の中でどのように取り上げるのが適切か,ということを衣生活領域で探ろうとしたのが本研究である。衣生活の学習には,①衣に関する科学を学び,科学的な思考方法を身につけて日常生活を合理的なものに改善することができる,②針と糸と布を使ったものつくりの体験により,手指の巧緻性が高まると共に,ものを創造することの楽しさを味わい,精神を豊かに育むことができる,③日本の世界に誇るべき布や衣装の学習を通してこれらに対する敬意が芽生え,伝統文化を継承発展させようとする気持が生まれて,日本人としてのアイデンティティに結びつく,という教育的価値がある。本研究では特に③に焦点を当てて,「モードのジャポニスム」という観点から,日本の着物がコルセットによって成形された西洋の衣装の構造を変えたことを発見させる実験授業を行い,その効果をアンケート等を通して検証した。その結果,今回の授業は,通常の家庭科授業の範囲を超えて,衣生活の歴史や文化の世界に生徒を誘い,この領域の学習に新しい価値を付加することが明らかになった。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
41号
開始ページ
11
終了ページ
21
出版年月日
2013-03-22
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧