このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32637
本文ファイル
別タイトル
A study of the relationship between the childcare environment in woods and the child physical movement.
著者
落合 さゆり
日切 慶子
藤橋 智子
NDC
教育
抄録
「森で育った子どもたちは,身のこなしがよい。」保育者のこの実感に基づき,森の保育環境で育った子どもとそれ以外の子ども(統制群)の身のこなしのよさを比較した。研究Iでは,体のバランスを保つ力が身のこなしと関連していると考え,重心動揺の大きさを比較した。その結果,森の保育環境でより長い時間を過ごしてきた5歳児において,統制群との間に重心動揺の差がなかったため,森の保育環境が体のバランスを保つ力に及ぼす影響は確認できなかった。研究IIでは,森の保育環境のより長期的な影響を検証するため,森の保育環境のある幼稚園を卒園した小学校1年生とそれ以外の子どもの運動能力を比較した。その結果,複数の種目において森の保育環境で育った子どもの運動能力が統制群よりも高かった。これらの結果から,森の保育環境によっていくつかの運動能力が育まれることが明らかになった。また,それらの運動能力は,重心動揺よりも保育者の感じる身のこなしを表すものに近いことがわかった。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
40号
開始ページ
141
終了ページ
146
出版年月日
2012-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧