このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42880
本文ファイル
別タイトル
The Functionalization of Special Needs Education Committee Meetings in Kindergartens, Elementary Schools, Middle Schools, and High Schools: A Survey Study for Special Needs Education Coordinators
著者
池田 幸枝
若松 昭彦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
校内委員会
特別支援教育コーディネーター
質問紙調査
機能化
special needs education committee
special needs educational coordinator
survey study
functionalization
NDC
教育
抄録
全国の公立幼小中高での校内委員会設置率は99.2%であり(文部科学省,2015),機能的な校内委員会の組織・運営が今後求められる。そこで,公立幼小中高の特別支援教育コーディネーターを対象として,各学校での校内委員会の現状,成果や課題を把握し,特別支援教育コーディネーターが校内委員会を推進していく際の工夫や留意点を明らかにすることを本研究の目的とした。その結果,校内委員会のメンバー構成の弾力化や周到な事前準備,会議の進め方の構造化,支援の検討・実行・評価・見直しのPDCAサイクルの円滑化等の工夫が,機能化の必要条件であることが示唆された。また,特別支援教育コーディネーターには,情報収集・発信能力や人間関係調整能力,専門性等を駆使して,教職員が「支援によって子どもが成長する」という実感をもつことができるような協働的な校内支援体制の構築に寄与できる資質・能力が必要である。
抄録(英)
The percentage of Japanese public primary, elementary, middle, and high schools with special needs education committees that regularly hold meetings is 99.2% (Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 2015), and thus, effective organization and operation of these committees and meetings will be crucial in the future. Thus in this study, the author targeted the special needs education coordinators in the public primary, elementary, middle, and high schools, and aimed to grasp the reality, accomplishments, and the challenges of the committee in each schools, and to clarify the special needs education coordinators’ efforts and the points to remember in furthering the committees. As the result, the study revealed that efforts such as enhancing the flexibility of the committees’ member composition, thorough preparation, structuration of progress of meetings, and facilitating the PDCA (plan-do-check-act) cycle of support, are crucial conditions for functionalization. In addition, special needs education coordinators need the qualities and abilities that allow them to contribute in structuring a cooperative in-school support system where the teaching staffs can realize that “the support nurtures the children,” by fully utilizing their ability to gather and send out information and to coordinate human relationships, and their expertise on special needs education.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
15号
開始ページ
43
終了ページ
52
出版年月日
2017-03-14
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧