このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43407
本文ファイル
別タイトル
Labor contract law article 20 and rationality of fixed term of labor contract
著者
三井 正信 大学院社会科学研究科 広大研究者総覧
NDC
法律
抄録(英)
This paper’s purpose is to expand the interpretation theory which can void unreasonable fixed term of labor contract. Specifically I insist that unreasonable fixed term of labor contract becomes invalid by applying Labor contract law article 20 which prohibits employer to determine unreasonable working conditions.
掲載誌名
廣島法學
40巻
3号
開始ページ
1
終了ページ
26
出版年月日
2017-01-13
出版者
広島大学法学会
ISSN
0386-5010
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
許可なく複製・転載することを禁じる。
部局名
社会科学研究科
他の一覧