このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42945
本文ファイル
別タイトル
Roles for ESD played by Environmental NGOs: Case study of an attempt to connect Japan and Malaysia throughout rain forests reforestation by community participation
著者
小倉 亜紗美 平和科学研究センター
NDC
教育
抄録(英)
This study introduces an attempt to apply the roles of NGOs for Education for Sustainable Development (ESD) by connecting Japan and Malaysia through rainforest reforestation by community participation conducted by the Japan Malaysia Association (JMA). The JMA employs natives to plant and maintain the forest, and has devoted a research field to ecology at UNIMAS University since 1995. During this time, they began to connect these activities and ESD for school students from Japan and Malaysia. In the activity, the JMA plays important role as a hub of activity in connecting schools, the university, and natives of Japan and Malaysia as well as conserving the environment. In addition, some Japanese companies cooperate with the JMA in corporate social responsibility (CSR) activities that indirectly support environmental conservation and students’ education, thereby increasing the company’s value.
内容記述
本稿は、公益社団法人日本マレーシア協会が地球環境基金の助成によって実施した「マレーシア・サラワク州における地域住民参加による持続的な熱帯雨林再生システムの構築を通じてのESDの可能性の検証」(2012年度~2014年度)の研究成果の一部である。また、本稿は筆者が平成26 年度広島大学女性研究者奨励賞の助成によって実施した「ボルネオ島(マレーシア・サラワク州)における地域住民参加による熱帯雨林再生活動を通じた日本とボルネオ島をつなぐESDの試み」の研究成果の一部である。
掲載誌名
広島平和科学
38巻
開始ページ
113
終了ページ
125
出版年月日
2017-03
出版者
広島大学平和科学研究センター
ISSN
0386-3565
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicarion/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学平和科学研究センター
部局名
平和科学研究センター
他の一覧